ロキソニン テープ 筋肉痛

ロキソニンテープで筋肉痛を和らげる

スポンサーリンク

ロキソニンテープは筋肉痛を和らげるために使います。今回はそのメリットデメリットをご紹介いたします。

 

【ロキソニンテープとは】
ロキソニンテープは2008年から発売されている痛み止めの湿布で「非ステロイド性消炎鎮痛剤」という種類で、主に関節や骨、筋肉の痛みの軽減や、炎症を抑えるために使われています。

 

伸縮性、粘着力に優れ、直接皮膚に貼ることで手軽に処置できますので、筋肉痛等の痛みの対処法として効果を発揮します。

 

【どのような疾患に用いるか】
ロキソニンテープは、関節、骨の痛み、筋肉痛に幅広く使われ、抗炎症作用、鎮痛作用があります。

 

具体的な症例としましては、変形性関節症、筋肉痛、外傷性の腫脹、疼痛です。対症療法として、痛みを和らげる効果があります。(症状を抑えるといったことです。)

スポンサーリンク

【ロキソニンテープのメリット】
ロキソニンテープのメリットはまず、炎症や筋肉痛などの痛みを和らげてくれることです。(このことから「痛み止め」と呼ばれます。)そして、湿布なので痛みのある部位のみに貼れること、適度な伸縮性、粘着性のため、はがれにくいことです。また、薬の成分が全身にまわらないため、副作用が少ないことも大事なメリットでしょう。

 

好みもあり、人によっては物足りないようですが、清涼感はなく、刺激が少ないということもメリットの一つになるでしょう。

 

【ロキソニンテープのデメリット】
次に、デメリットですが、どんなものにも相性があるように副作用が多少あることです。その率は少ないのですが、かゆみ、紅斑(赤くなる)、かぶれが挙げられます。またまれに胃の不快感を訴える人もいます。気になるようでしたら、お医者様、薬剤師に相談しましょう。

 

また、アスピリン喘息、チアプロフェン、フェノフィブラート、オキンベンゾンやオクトクリレンに過敏症や既往のある人、光線過敏症、妊娠後期の人は使用できません。

 

筋肉痛等で使用する場合は使用前によく添付の説明書を読んでこういった例に対応するかどうか、確かめましょう。

 

筋肉痛に手軽に対処できるロキソニンテープは便利な優れものですが、あくまでも一時しのぎの対処療法に過ぎません。症状が良くならないようでしたら、お医者様に見てもらいましょう。

スポンサーリンク