脇の下 痛み 筋肉痛

筋肉痛のような脇の下の痛みの対処法

スポンサーリンク

筋肉痛のような脇の下の痛みは激しい運動による筋肉の痛みでしょう。その対処法をご紹介いたします。

 

【脇の下の痛み】
腕を上げた時に脇の下が「痛い。」と感じたことはありませんか。

 

脇の下は、リンパ節や乳腺の外れにあるため、あらゆる原因による痛みがありますし、時には腫れてしまうことがあるのです。こういった痛みは筋肉痛かこりが考えられます。

 

【脇の下の筋肉痛の対処法】
まずは「筋肉痛」の対処法について、ご紹介いたします。

 

筋肉痛は、激しい運動によるものが考えられます。運動後、数日して感じられる痛みで、原因は運動により発生した乳酸が溜り、筋肉の毛細血管が酸欠状態になったことです。

 

対処法としまして、初期であれば、患部を冷やすこと、次にマッサージやストレッチを行う事です。こうすることによって、痛みは回復していくでしょう。

スポンサーリンク

【こりの原因と対処法】
肩こりと同じように脇の下も、こります。脇の下にはリンパ節がありますから、こると老廃物が溜まってしまいます。

 

兎角、見逃されがちな脇の下のこりです。脇の筋肉と肩の筋肉は表と裏のようになっていますので、どちらかがこれば、姿勢が悪くなり、こってなかった方もこってしまいます。これは、どちらかがこれば、こっていない方が支えようとして緊張するためです。特に猫背の人はこういった状態になりやすいので、気をつけましょう。

 

対処法としてはストレッチやマッサージで筋肉を軟らかくすることです。

 

【ストレッチやマッサージで筋肉痛やこりをほぐす】
脇の下の痛みは、筋肉痛やこりが原因なのは前述した通りです。

 

ストレッチは、ジムで教わったり、本、ネット等で良いものを見つけて、ご自身で行いましょう。マッサージは、整体でやってもらっても良いですし、ご自身でできるものもありますから、調べてみても良いでしょう。

 

常日頃、こうしたストレッチやマッサージを心掛けましょう。

 

脇の痛みの対処法は、ストレッチやマッサージで常に血行促進を図ることです。また、その他にも、姿勢の悪さもこりの原因のひとつになりますから、気をつけたいものです。

 

ストレッチやマッサージ、姿勢の改善はちょっとした時間で家でもできることがありますし、生活の見直しも大事です。日々心掛けてみましょう。

 

 

スポンサーリンク