捻挫 リハビリ いつから

捻挫のリハビリはいつから始めればいい?目安の期間とは!?

スポンサーリンク

捻挫はスポーツなどを行っている人の場合には日常的に起こる可能性があります。
特に足首や手首が多く負傷することがあり、すでに経験があるという人は多いです。
サッカー、野球、テニス、卓球など、どの競技でも関節に負担がかかることはあります。
強い負荷がかかり、可動領域を超えて関節が動いてしまうと靭帯が損傷してしまいます。

 

リハビリはいつから行えばいいのでしょうか??

 

 

負傷した直後は早く競技に復帰したいと焦ってしまいがちですが、しっかりと治療を行ってから復帰することが大切です。
焦って早く復帰したり、動かしてしまうと症状が悪化するだけでなく、再発の恐れがあります。
軽度な場合でもしっかりとリハビリを行いましょう。
捻挫の場合には重症度によっても治療機関やリハビリを始める期間は異なります。

 

重症度ごとに説明していきましょう。
1度、2度、3度と3つに分かれています。

 

1度…最も軽いものになります。
日常生活でつまずいて捻って軽い痛みがあるという場合はこちらになります。

スポンサーリンク

痛みや腫れは数日で治まり、1週間ほどで徐々に動かしていきます。

 

2度…中程度のもので靭帯が伸びている、一部が切れている状態です。
患部を固定している期間は2週間〜3週間ほどになり、固定期間中から徐々にリハビリを始めていきます。

 

3度…最も重症度が高く、靭帯が完全に切れてしまっています。
ギブスによって完全固定を行い、完治までは1か月〜2か月ほどの期間を要します。
完全に固定するのを2週間〜3週間ほど行い、徐々に軽い固定へと変えていきます。
テーピングやサポーターなどに変わった段階でリハビリを行っていきます。

 

いつから始めるというのはこれらの期間になります。
しかし自分の判断で始めてしまうと悪化や再発の恐れがありますので医師やトレーナーなど専門的な知識がある人の元で行いましょう。
軽い運動やマッサージ、電気治療などさまざまな方法があります。
それを効果的に行うことによって日常生活に戻ることや競技への復帰が早くなります。
筋力アップなどによって再発、悪化の防止をすることが出来ます。

スポンサーリンク