捻挫 押すと痛い 対処方法

捻挫で押すと痛い場合の対処方法

スポンサーリンク

足首や手首というのは捻ったりすることが多く、怪我をしやすい部位になります。
捻挫というのは関節の靭帯を損傷することによって起こる怪我です。
靭帯というのは骨と骨をサポートする役目を果たしており関節を支えています。
ある程度の可動領域が限られおり、強い負荷がかかることによって無理な方向へと動いてしまい靭帯を損傷します。

 

この場合には押すと痛いということがあるのでしょうか??

 

 

おそらくこのページを見ている人は病院へ行っていない段階だと思います。
もしくは病院へ行って痛みや腫れは治まったけど押すと痛いということが起きている人もいると思います。
基本的に怪我をすると患部は痛いのは当然です。
皆さんもわかっていると思いますが捻挫の場合には靭帯や周りの組織が損傷しています。

 

そのため腫れがなくても痛みが出ることはあります。
その場合には靭帯が伸びている状態だと考えられます。
一番の対処方法は病院へ行くことです。
しかし病院へ行けない場合もあるかと思いますので対処方法についてお話していきましょう。

スポンサーリンク

まずは冷やすことが重要になります。
これは負傷した直後の急性期に必要な処置になります。
安静にして冷やす他にも適度に圧迫することも大切です。
これを実施しましょう。

 

治ったあとに押すと痛い状態が続いている場合には完全に靭帯などの組織が修復されていないと考えられます。
表面的には治っていても内部では修復が繰り返されているということがあります。
この段階で運動などで動かしてしまうと治りが遅くなってしまいます。
内出血を伴っていた場合には中で血液が固まって吸収されていない場合もあります。
この場合には押すと神経を圧迫し痛くなる原因となることがあります。

 

基本的にこの段階では温める対処方法が取られることが多いです。
お風呂上りにマッサージすることによって血行を促進し自然治癒力を高めます。
押すと痛いというのは靭帯が完全に治っていない可能性もありますので病院で処置を受ける必要があるかもしれません。
また靭帯断裂や骨折の可能性もありますので早めに病院へ行きましょう。

スポンサーリンク