捻挫 冷えピタ 効果

捻挫をした場合に冷えピタには効果がある!?「ありません」

スポンサーリンク

怪我をした場合の応急処置として代表的なものはRICE処置です。
スポーツを行っている人は効いたことがあると思います。

 

R=REST(安静)、I=ICE(冷やす)、C=COMPRESSION(圧迫)、E=ELEVATION(固定)
これらの頭文字をとってRICE処置と言います。

 

捻挫だけではなく、打撲、骨折などの怪我の場合にもRICE処置をもとに応急処置を行います。
初期症状としては痛みだけでなく腫れることも多く、内出血を伴う場合もあります。
この痛みや腫れを緩和するのに冷やすことが重要です。
負傷すると患部は損傷を起こします。

 

靭帯だけでなく周りの組織も損傷することによって腫れを伴います。
また自然治癒力によって血液が修復に必要な酸素や栄養素を送ろうとして血液が集まってきますので腫れが起こります。
この周りの組織の損傷を止めるだけでなく腫れが悪化することを防ぐ効果を期待できます。

 

では冷えピタには効果があるのでしょうか??
冷えピタというのは熱を出した際におでこに貼る使用用途で販売されています。

スポンサーリンク

冷やすということに関しては変わりがないと思いますが、怪我に使用する場合には効果がそこまで望めません。
応急処置として使用するのであれば氷や保冷剤をタオルで巻いて使用する方が効果が望めます。
中途半端に冷やしても意味がありません。

 

スポーツをしている、もしくはスポーツ観戦している場合にはわかると思いますがコールドスプレーや氷を使用しています。
これは冷やすことによって患部を凍らせるイメージで使用するといいかもしれません。
しかし氷などを直接当てたり長時間当てると凍傷になってしまう可能性がありますので冷やす→いったん止める→冷やすことを繰り返しましょう。

 

このことから冷えピタには効果がないと言ってもいいかもしれません。
また湿布の代わりにはなりません。
湿布は炎症や痛みを抑える作用も含まれています。
ただし湿布は冷やすには不向きですので氷などで冷やすことが応急処置として適切です。

 

内出血をしている場合には適度に圧迫し、心臓よりも高い位置に上げましょう。
患部は安静にして動かさないようにすることも大切です。
捻挫の処置はこれらのことに気を付けましょう。

スポンサーリンク