捻挫 古傷 痛む 対処

捻挫の古傷が痛む場合の対処方法!その原因解説

スポンサーリンク

捻挫というのは靭帯が伸びたり切れてしまう怪我のことを指します。
断裂している場合には靭帯断裂、骨が折れている場合には骨折となります。
誰にでも一度は経験がある怪我のひとつではないでしょうか。
軽度な場合にはおよそ1週間ほどで治ることが多いですがスポーツを行ってる人や事故などの場合には重症化してしまうこともあります。
捻挫の古傷が痛むことがあります。
その対処方法についてお話していきましょう。
これは季節の変わり目や雨が降っている日に起こることが多いです。

 

後遺症というほどではないのですが原因はどのようなことが考えられるのでしょうか??

 

 

ひとつめに考えられることは気圧の変化によるものです。
気圧が変化したことによって体内にヒスタミンが発生します。
ヒスタミンというのは炎症を起こす物質ですので、このヒスタミンの影響によって古い傷跡の炎症を再発させてしまうと言われています。
特に気圧の低下というのは胎内の水分の循環も妨げますので血行が悪くなってしまいます。

スポンサーリンク

そのため身体のむくみや痛みが出やすい状態になります。
また自律神経にも影響を及ぼします。
気圧の低下によって交感神経が優位に働き、血管収縮作用のあるノルアドレナリンが分泌されます。
そのため痛覚神経に影響を与え古傷を意識してしまうことによって痛むことがあると言われています。

 

この意識するということが人間の身体に悪影響を及ぼしてしまうこともあります。
頭痛がすると少しでも意識してしまうと本当に頭痛が起こることがあります。
人間のイメージによって痛みが出てしまうということがあるのです。
そのため古傷を意識しないことも大切です。

 

そのため対処方法は意識しないこと、他には温めたりマッサージすることによって血行を良くすることが大切です。
血行を良くすることによって痛みも和らいでいくことが多いです。
意識しないこと、温めることによって対処を行っていきます。
それでも治らない場合には病院、または整骨院へ行きましょう。
この対処方法を意識することによって痛むことを緩和することが出来ます。

スポンサーリンク