捻挫 病院 何科

捻挫をしてしまった場合に病院は何科??その注意点について

スポンサーリンク

捻挫というのはどこでも起こりうる怪我のひとつです。
打撲や骨折などと共に一度は経験がある怪我のひとつではないでしょうか。
捻った、転倒したなどの場合には靭帯が損傷していることがあります。
捻挫というのは関節の靭帯が損傷することによって起こります。
関節というのは可動領域が制限されていますが、強い力が加わり可動領域を超えて動いてしまった場合に損傷してしまいます。

 

この場合に病院は何科へ行けばいいのでしょうか??

 

 

まずはどのような場合に病院に行った方がいいのかという目安についてお話していきましょう。
基本的に怪我をした場合には病院へ行った方が早期完治が望めます。
しかしごく軽度な場合には行く必要がない場合もあります。
靭帯が損傷をすることによって起こっていますが、重症の場合には骨折や靭帯断裂などの場合もありますので注意しましょう。

 

下記のような場合には注意してください。

 

・関節が動かない、もしくは動かすと痛みが強い
・骨や関節が変形している
・腫れがひどい、通常の1,5倍が目安になります
・治らない、痛みや腫れ、内出血がひかない

スポンサーリンク

このような場合には早めに受診して検査を受けましょう。
何科と迷っている場合には「整形外科」を受診するようにしましょう。
整形外科の専門は骨、関節、靭帯、腱、筋肉などです。
レントゲンやCTなどによって検査をします。

 

整骨院や形成外科と間違ってしまう場合もありますが基本的には整形外科が専門の知識を持っています。
何科と迷われた場合には総合病院に行けば複数の科がありますので正しい科へ案内してくれます。
大き目の病院へ行くこともオススメです。
これは怪我だけでなくどの病気にも言えることで科が違ったとしても違う科へまわしてもらえますので移動の手間がなくなります。

 

負傷したのが夜間の場合には冷やす、安静、固定、高く上げることを意識しましょう。
これらの処置をRICE処置と言いますが怪我をした場合の応急処置として推奨されている方法になります。
これらを実施して病院へ行きましょう。

スポンサーリンク