捻挫 冷やす 時間

捻挫した患部を冷やす時間、タイミングとは!?

スポンサーリンク

捻挫した場合の応急処置で最も有名なものがRICE処置になります。
スポーツを行っている人は知っていると思いますが、日常生活での不意の怪我の場合にも有効です。
捻挫というのは関節の可動領域を超えて動いてしまった場合に関節の靭帯が損傷してしまいます。
靭帯というのは細いロープを束にしたもので、このロープの一部が切れてしまったり伸びてしまうことによって起こります。
重症度によっても異なりますが痛み、腫れ、内出血が主な症状になります。

 

この場合には冷やす時間というのはどれくらいなのでしょうか??

 

 

初期段階では冷やすこと=アイシングがとても重要です。
打撲や骨折などの怪我でも言えることなのですが負傷した直後はすぐにアイシングを行いましょう。
これは負傷してしまった患部の組織が損傷を受け、周りの毛細血管もダメージを受けてしまいます。
こうなると周囲の組織に血液がいきわたらなくなってしまいます。
そのため周囲の組織も炎症を起こしてしまいます。

スポンサーリンク

これを防ぐためにもアイシングによって組織の働きを低下させ、組織が炎症を起こすことを防ぐためです。
特に血液というのは修復しようと修復に必要な栄養素や酸素などを送ろうと集まってきます。
血流を下げるためにも心臓より高く上げることも有効です。

 

基本的に冷やす時間は「2日」ほどになります。
この間はアイシングを行いましょう。
ただし氷や保冷剤などを直接肌に当ててしまうと凍傷になる恐れがありますので注意しましょう。
ずっと冷やしていればいいわけではなく、患部の感覚がなくなるまでアイシング→いったん止める→アイシングの繰り返しです。

 

冷湿布を貼ることによってもアイシング代わりになりますが基本的には痛み止めの効果が大きいです。
やはり専用の保冷材や氷をタオルなどに巻いて患部に当てましょう。
寝る場合に当てておくことは難しいと思いますので包帯やテーピングなどを使用してもいいでしょう。

 

痛みや腫れが引いた後は温めることで完治を促すことが出来ます。
捻挫でアイシングをする時間というのはこれらのことが考えられます。
効果的に行うことによって早期完治を望めますので行いましょう。

スポンサーリンク