捻挫 腫れ 浮腫 解消 方法

捻挫の腫れや浮腫を解消する方法とは!?

スポンサーリンク

捻挫というのは誰にでも起こる怪我のひとつです。
他にも打撲や骨折などがありますが、主捻った場合などに起こります。
これは足首や手首が可動領域を超えることによって靭帯や腱が損傷するために起こるものです。
そのためスポーツしているとき、転倒したときなどさまざまな状況で起こる可能性があります。
症状は痛みとともに腫れ、内出血を伴うこともあります。

 

今回は腫れを緩和させる方法についてお話していきましょう。

 

 

また治ったあと思ったあとにむくみが現れることもありますのでそれについてもお話していきましょう。
腫れというのは人間の自然治癒力を高めるために起こるもので、損傷した組織を修復させるために起こります。
なぜなら血液によって修復に必要な酸素や栄養素を送りますので血液が集まってしまいます。

 

そのため腫れが起こります。
また内出血している場合には血液が集まると症状が悪化してしまう恐れがあります。
解消方法は「冷やすこと」が重要になります。

スポンサーリンク

冷やすことによって血流を悪くします。
血流が悪くなると集まっていた血液の循環を遅らせることが出来ます。
冷やす効果によって症状が緩和していくことを促します。
また血液が集まらないように患部を心臓より高く上げることも必要になります。
このような処置をRICE処置と言います。

 

患部を動かしてしまうと血流が良くなってしまいますので安静にしていることも大切です。
次に浮腫(むくみ)についてお話していきましょう。
捻挫によって血管やリンパ管の流れが悪くなっているため浮腫が起こる可能性があります。
う機種というのは血管やリンパ管から発生した水分が皮膚の下に溜まることによって起こります。

 

そのため流れが停滞している患部付近では起こりやすくなっています。
通常であれば捻挫が治る過程で自然と治ることがほとんどです。
解消方法は温めることが大切になります。
痛みがあるうちは冷やすことが大切ですが、痛みや腫れがなくなった場合には温めることが重要になります。

 

お風呂で温めたり、マッサージをして血行を良くしましょう。
温めることによって血管やリンパ管を流すのを促します。
解消方法というのはこれらのことがあります。
しかし症状がひどい場合には病院へ行きましょう。

スポンサーリンク