捻挫 包帯 寝るとき 処置

捻挫で寝るときの処置!包帯を上手く活用しましょう!

スポンサーリンク

捻挫というのは関節の腱や靭帯が損傷する怪我のひとつです。
これは誰でも経験がある怪我ではないでしょうか。
家の中でも起こる可能性がありますし、スポーツなどの運動を行っている場合でも起こります。
感染病のように流行る時期があるわけではありません。
そのため完治を促すためにも処置というのはとても大切になります。

 

初期の場合は損傷が起こり、内出血、腫れなどの症状を伴うこともあります。
痛みと共にこれらの症状が伴いますので冷やすことが重要です。
これは冷やすことによって血管の収縮を促し内出血の悪化を防ぎ、さらには腫れを悪化させないことにもつながります。
捻挫の場合にはRICE処置という応急方法が推奨されています。

 

「安静」「冷やす」「圧迫」「挙上」
これらの英語の頭文字をとったものがRICEになります。
初期段階の場合にはこの4つを行うことが重要です。
患部を冷やして圧迫固定し高くすることで症状の悪化を防ぐことが出来ます。
ただし寝るときにはそうもいきません。

スポンサーリンク

寝る場合には患部に意識を集中させることは難しいです。
この時に役に立つのが「包帯」です。
特に寝ているときには足がフラットになってしまいます。

 

捻挫は足首起こることも多いですので寝るときに包帯で支えてあげることも大切になります。
しかし強く巻き過ぎてしまうと患部を圧迫しすぎてしまい逆に血流が悪くなってしまいます。
血流を良くするということは自然治癒力を高めるために血管が修復に必要な栄養素や酸素を送るためにも大切なことです。
強く巻き過ぎてしまうことは避けましょう。

 

実際に包帯を巻くということは患部を固定すること、湿布などの冷やすものを取れないように固定することが重要です。
また、代用品としてサポーターやテーピングなどもあります。
これらを有効活用することによって早期完治につながりますので有効的に使用しましょう。
寝るときに重要なことは患部を無理な方向に曲げないようにすることが大切ですので包帯を適度な強さで巻きましょう。

スポンサーリンク