捻挫 癖 治し方

捻挫は癖になる!その原因と治し方とは??

スポンサーリンク

捻挫というのは関節部分を損傷することによって起こります。
これは関節部分に起こることがほとんどで、内出血や腫れを伴うこともあります。
関節部分になりますが、多くの場合は足首や手首に起こることがほとんどです。
特にスポーツを行っている人にとっては日常的なことだと思います。
スポーツを行っている人は「癖」になってしまうことがあります。

 

なぜ癖になってしまうのでしょうか??

 

 

これは関節を固定しているのは靭帯ですので緩んでしまうことが原因となります。
特に運動をする人の場合には起こることが多いです。
軽度の捻挫の場合には腫れや痛みは1週間ほどで治まることが多いですが、その段階で運動を再開してしまうと再発してしまうことがあるのです。

 

これは靭帯が完全に修復されていないために起こります。
そのため皮膚の表面は治っていても内部では修復が終わっていないということになります。
水ぶくれなどの症状も同じで皮膚の表面は治っていても皮膚の下の細胞は修復を行っています。

スポンサーリンク

完全に靭帯が治るまでは安静にする必要があります。
これを繰り返していると靭帯の形状がもとに戻りにくくなってしまい、関節がグラグラになってしまいます。
特にサッカー、バスケットボールなどのスポーツを行っている場合には足首に負担がかかることが多いですので癖になりやすいと言われています。
治し方は難しいと思われがちですが、靭帯が完全に修復していれば防ぐことが出来ます。

 

このタイミングというのは病院へ行かなければわかりません。
自己判断で運動を再開してしまうと再発だけでなく悪化してしまう可能性もありますので注意しましょう。
痛みや腫れ、内出血が治ったとしても靭帯が完全に修復するまでには安静にしましょう。
また整形外科や整骨院でマッサージや電気治療を受けることでも自然治癒力を高めることが出来ます。

 

これらのリハビリを受けることによって低下した筋肉を取り戻すだけでなく完治を早めることにもつながります。
治し方というのはこれらのことが考えられます。
怪我をした際には安静にし、しっかりと治療を受けることによって癖になることを防ぐこともできます。

スポンサーリンク