捻挫 痛み 期間 手首

手首を捻挫した場合の痛みの期間とは!?応急処置が肝心!

スポンサーリンク

捻挫をした場合には痛みの他にも内出血や腫れなどの症状が伴う場合もあります。
これは重症度によって分けられています。
重症度によって痛みの期間は異なります。
捻挫というのは靭帯を切ったり出血を起こすことによって腫れを伴います。
腫れ、内出血、痛みというのが主な症状になります。
特に手首というのは捻ったりすることが多いです。

 

この場合には痛みの期間はどのくらいになるのでしょうか??

 

 

重症度というのは3つに分けられています。
1度、2度、3度の3段階で分けられており、それぞれ完治の期間というのは異なります。

 

1度…最も軽度なものになり、1週間程度でおさまります。
2度…靭帯が一部断裂しており、1か月〜1か月半程度の期間が必要です。
3度…靭帯が断裂しています。この場合には歩行困難になっており、手術を行わなくてはならない場合もあり、完治までには数か月かかることもあります。
このように重症度によっても期間は異なります。

 

足をくじいた、捻ったぐらいであればおよそ1週間程度で治まることがほとんどです。

スポンサーリンク

この痛みの期間を短縮し早期完治させる方法についてお話していきましょう。
捻挫だけでなく打撲や骨折の応急処置にも使用されているRICE処置があります。
これは「安静」「冷やす」「圧迫」「挙上」の英語の頭文字を取っています。
スポーツ経験者であれば、いかに有名な処置であるかを知っているはずです。

 

負傷したのちに最も大切なことは「冷やす」ことです。
特に内出血や腫れを伴っている場合には冷やすことによって悪化することを防いだり症状を緩和することにもつながります。
そのため負傷した後は、早めに冷やしましょう。
その後、安静にして患部を高く上げましょう。
高く上げるというのは血を患部へ集めないようにするためです。

 

人間の治癒力によって血液が患部へと集まってきますので腫れや内出血がひどくなってしまいがちです。
その際に安静にして挙上することによって患部を保護します。
これらのことに気を付けるだけでも痛みの期間の短縮につながります。
手首を負傷してしまった場合にも有効ですので行いましょう。

スポンサーリンク