筋肉痛 メカニズム 仕組み

筋肉痛のメカニズムと仕組み

スポンサーリンク

筋肉痛と一言で言っても分かりにくいです。そのメカニズムと仕組みをご説明致しましょう。

 

【筋肉痛のメカニズム】
筋肉痛のメカニズムはいくつかの説があります。代表的なものをご御紹介いたします。

 

筋肉を動かしたことで疲労物質の乳酸がたまるためという説、傷んだ筋肉を元通りにする時に痛みの物質が刺激されるという説、筋肉が縮むと言う説です。他にも様々なメカニズムの説があり、解明されていない未知の領域でもあるのです。

 

【筋肉痛の仕組み】
普段使わない筋肉が突然使われたり、同じ筋肉を酷使したりすることで筋繊維や周囲の結合組織に傷が出来、その部分を回復するため白血球を主とする血液成分が集まり、炎症が起きます。それによって、刺激物質が生産され筋膜を刺激しますので、それが感覚中枢を通って痛みとして感じると言うわけです。

 

つまり、運動が原因で筋繊維が傷つき、その回復のために痛みを感じさせる物質が生産されるということが筋肉が痛む仕組みです。

スポンサーリンク

【筋肉痛予防】
こういったメカニズムや仕組みを踏まえた上で、筋肉痛の予防として考えられている対策をご紹介致します。

 

まずは運動前の軽い栄養補給として、タンパク質やビタミンB1を摂取しましょう。次に運動前のウォームアップ、運動後のクールダウンも大事なポイントです。酸素や栄養のめぐりをよくするために水分摂取を運動中にもまめに行いましょう。それから、毎日のウォーキングで筋肉を鍛えて柔軟にしましょう。こうすることで、筋肉痛になりにくくなるかもしれません。

 

【筋肉痛の対処法】
どんなに予防してもなってしまうことがあります。そんな時はどうしたら良いでしょうか。

 

炎症、熱の場合は冷やし、落ち付いたら、温めて血行促進を図ること、軽いウォーキング、ストレッチで血行促進、ぬるま湯に浸かったのちにマッサージ、十分な睡眠で体を休める、タンパク質中心の食事等があります。いずれも筋肉の痛みがどのようにして起こるのかという仕組みを知った上で対処法を考える事が大切でしょう。

 

筋肉痛のメカニズムや仕組みを知るとその原因や対処法をじっくりと考えられるようになります。メカニズムや仕組みについて、時には考えてご自身の運動を見直してみましょう。

スポンサーリンク