足 筋肉痛 歩けない 処置 方法

足が筋肉痛で歩けない時の処置方法

スポンサーリンク

激しい運動等で足が歩けないほどの筋肉痛になったとき、どうすればよいでしょうか?処置方法をご紹介いたします。

 

【歩けないほどの筋肉痛】
激しい運動や長い時間の立ち仕事の後に歩けないほど足が痛かったり重かったりすような足の筋肉痛になることがあります。

 

そこまで、歩けないほどにひどくなってしまうと普段の生活も困ってしまうでしょう。そんな時、自分でできる処置の方法が分かれば、助かります。まずは筋肉痛の仕組みから探ってみましょう。

 

【筋肉痛とは】
筋肉痛はよく聞く言葉ですが、定義付けは難しいですので、ちょっと具体的にその仕組みをご説明致しましょう。

 

激しい運動などで筋肉組織の損傷や炎症が起こり、その修復のための痛みを招くヒスタミンやカリウムが作られます。そして、その結果老廃物として発生する乳酸の蓄積が時には歩けないほどの痛みの原因となるようです。

スポンサーリンク

【自宅で出来る処置方法】
それでは、ご自身で出来る処置の方法をご紹介いたしましょう。

 

まずは冷やすことです。特にふくらはぎ部分が痛くなる場合が多いでしょうから、その部分を冷やすことで炎症を抑えられます。次にストレッチやマッサージです。血行、リンパの流れが良くなり痛み解消につながります。お風呂上りが良いようです。そして、栄養補給も大事な処置の方法の一つです。良質なタンパク質、梅干しなどに含まれるクエン酸、レバー等に含まれる亜鉛の摂取が有効です。そして、睡眠です。質の高い睡眠で成長ホルモンを促し、自然治癒力を高める効果が期待できます。

 

【長引く場合】
こういった処置方法をとっても、まだ痛みが取れず、長引いてしまったら、その痛みは筋肉痛とは違うかもしれません。

 

肉離れ、筋断裂の可能性もありますから、病院に行きましょう。

 

歩けないほどの足の筋肉痛は困ったものです。処置の方法をよく見極め、足の回復を待ちましょう。そして、もし足の回復が遅く、歩けないほどの状態が続くようでしたら、そう感じた時にすぐに病院に行き、医師の診察を受けることをお勧め致します。足を大事にしましょう。

スポンサーリンク