筋肉痛 押す 痛い

押すと痛い筋肉痛の対処法

スポンサーリンク

押すと痛い筋肉痛を解消するにはどうしたらよいでしょうか。対処法をご紹介いたします。

 

【押すと痛い筋肉痛の原因】
押すと痛いというのは、かなりひどい筋肉痛です。

 

原因として考えられるのは、激しい運動でしょう。健康志向でスポーツを楽しむ人が増えている一方、頑張りすぎてしまう人もいるようですが、このような押すと痛い筋肉痛になるほどの激しいスポーツはちょっと考えものです。

 

【冷やすと言う対処法】
アイシングという冷やす対処法があります。こういう痛みがあるとき、筋肉は炎症を起こしていますから、血流を冷やすことによって腫れを抑え、痛みをやわらげるのです。

 

ここで気を付けたいポイントはお風呂です。お風呂は血流がよくなるものですから、押すと痛い筋肉痛の痛みをより強く感じてしまうのです。ですから、こういう時はお風呂は控えた方が良いでしょう。

スポンサーリンク

【温水浴という対処法】
温水浴とは熱めのお湯と冷たいシャワーを交互に浸かったり、浴びたりすることです。(42度のお風呂に3分、冷水シャワー1分を3回繰り返す。)

 

こうすることで毛細血管の伸縮を促し、血液やリンパの流れを良くします。そうなると、体内の循環が良くなり、運動で作られた疲労物質を排出できますから、押すと痛い筋肉痛は緩和されるでしょう。

 

【温水浴の注意】
この方法で体内循環が改善され、押すと痛い筋肉痛の緩和になりますが、注意があります。(どんなことでも良いこともあれば、良くないこともあります。)

 

この方法は心臓にかなりの負担をかけますから、心臓疾患の人、血圧高めの人は悪化させる恐れがあるため、お勧めできません。

 

運動することで健康になろうとする傾向の昨今ですが、運動が良し悪しになってしまう場合がありますから、適宜加減しながらバランスの良い運動をしましょう。押すと痛いような筋肉痛はかなりご自身の身体に無理をさせています。身体が悲鳴をあげているのかもしれません。時には体の声に耳を傾けましょう。

スポンサーリンク